年齢早見表

2050年(平成62年)生まれ

当サイトは、「今年の年齢早見表」と「生まれ年基準」の両方の年齢早見表に対応しています。

年齢は誕生日以降の満年齢です。誕生日前の場合は1を引いて下さい。


一部の機能が一時的にご利用頂けません。後でもう一度お試しください。

西暦和暦年齢干支
{{ value[0] }}年{{ value[1] }}{{ value[2] }}歳{{ value[3] }}
2050年平成62年0歳
2051年平成63年1歳
2052年平成64年2歳
2053年平成65年3歳
2054年平成66年4歳
2055年平成67年5歳
2056年平成68年6歳
2057年平成69年7歳
2058年平成70年8歳
2059年平成71年9歳
2060年平成72年10歳
2061年平成73年11歳
2062年平成74年12歳
2063年平成75年13歳
2064年平成76年14歳
2065年平成77年15歳
2066年平成78年16歳
2067年平成79年17歳
2068年平成80年18歳
2069年平成81年19歳
2070年平成82年20歳
2071年平成83年21歳
2072年平成84年22歳
2073年平成85年23歳
2074年平成86年24歳
2075年平成87年25歳
2076年平成88年26歳
2077年平成89年27歳
2078年平成90年28歳
2079年平成91年29歳
2080年平成92年30歳
2081年平成93年31歳
2082年平成94年32歳
2083年平成95年33歳
西暦和暦年齢干支
{{ value[0] }}年{{ value[1] }}{{ value[2] }}歳{{ value[3] }}
2084年平成96年34歳
2085年平成97年35歳
2086年平成98年36歳
2087年平成99年37歳
2088年平成100年38歳
2089年平成101年39歳
2090年平成102年40歳
2091年平成103年41歳
2092年平成104年42歳
2093年平成105年43歳
2094年平成106年44歳
2095年平成107年45歳
2096年平成108年46歳
2097年平成109年47歳
2098年平成110年48歳
2099年平成111年49歳
2100年平成112年50歳
2101年平成113年51歳
2102年平成114年52歳
2103年平成115年53歳
2104年平成116年54歳
2105年平成117年55歳
2106年平成118年56歳
2107年平成119年57歳
2108年平成120年58歳
2109年平成121年59歳
2110年平成122年60歳
2111年平成123年61歳
2112年平成124年62歳
2113年平成125年63歳
2114年平成126年64歳
2115年平成127年65歳
2116年平成128年66歳
2117年平成129年67歳
西暦和暦年齢干支
{{ value[0] }}年{{ value[1] }}{{ value[2] }}歳{{ value[3] }}
2118年平成130年68歳
2119年平成131年69歳
2120年平成132年70歳
2121年平成133年71歳
2122年平成134年72歳
2123年平成135年73歳
2124年平成136年74歳
2125年平成137年75歳
2126年平成138年76歳
2127年平成139年77歳
2128年平成140年78歳
2129年平成141年79歳
2130年平成142年80歳
2131年平成143年81歳
2132年平成144年82歳
2133年平成145年83歳
2134年平成146年84歳
2135年平成147年85歳
2136年平成148年86歳
2137年平成149年87歳
2138年平成150年88歳
2139年平成151年89歳
2140年平成152年90歳
2141年平成153年91歳
2142年平成154年92歳
2143年平成155年93歳
2144年平成156年94歳
2145年平成157年95歳
2146年平成158年96歳
2147年平成159年97歳
2148年平成160年98歳
2149年平成161年99歳
2150年平成162年100歳

年齢に関する日本法令

昭和二十四年法律第九十六号

年齢のとなえ方に関する法律

  • ○1 この法律施行の日以後、国民は、年齢を数え年によつて言い表わす従来のならわしを改めて、年齢計算に関する法律(明治三十五年法律第五十号)の規定により算定した年数(一年に達しないときは、月数)によつてこれを言い表わすのを常とするように心がけなければならない。
  • ○2 この法律施行の日以後、国又は地方公共団体の機関が年齢を言い表わす場合においては、当該機関は、前項に規定する年数又は月数によつてこれを言い表わさなければならない。但し、特にやむを得ない事由により数え年によつて年齢を言い表わす場合においては、特にその旨を明示しなければならない。

附 則 抄

  • ○1 この法律は、昭和二十五年一月一日から施行する。
  • ○2 政府は、国民一般がこの法律の趣旨を理解し、且つ、これを励行するよう特に積極的な指導を行わなければならない。
明治三十五年法律第五十号

年齢計算ニ関スル法律

  • ○1 年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス
  • ○2 民法第百四十三条ノ規定ハ年齢ノ計算ニ之ヲ準用ス
  • ○3 明治六年第三十六号布告ハ之ヲ廃止ス

年齢早見表

2050年(平成62年)生まれ